2012年8月20日 (月)

瀬戸内海賊物語エキストラ募集!




004_2


ご無沙汰しております!皆さん、いかがお過ごしですか?

エンジュエルロード脚本賞『瀬戸内海賊物語』は2014年の公開に向け着々と準備が進んでいるようですよ~。

先日は製作記者発表も行われました!

和気あいあいとした笑いに包まれた会見で、映画もこんな雰囲気なのかと映画の完成がホント待ち遠しくて(^^)

また情報が入ってきましたらお知らせしますね!

 

 

 

さてそこでエキストラ募集のお知らせです!

 

詳細を貼り付けますので、もしもし都合が合えば是非っ!

今年の夏休み最後のイベントにご家族で参加なんかもいいかもですよ~~~\(^^)/

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

映画『瀬戸内海賊物語』エキストラ募集のお知らせ ≪8月28日≫

 

 

瀬戸内海を舞台にした子どもたちの冒険映画『瀬戸内海賊物語』では、撮影に協力してくださるエキストラの皆さんを募集しております。どうぞふるってご応募ください。

 

 

◆エキストラ募集概要

 

 

【日時】8月28日(火)8時30分~19時00分頃(予定)(終了時間は応相談)

 

【場所】小豆島オリーブ公園内サン・オリーブ
761-4434 香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1

 

【募集人数】100名程度 (性別・年齢は問いません)

 

【役柄】住民集会に参加している住民

 

【服装】8月の普段着

 

【備考】交通費の支給はありません。お弁当はご用意いたします。
       
駐車場はご利用可能です。
        小豆島島内の方はご自身で集合場所までお越しください。
       
小豆島島外にお住まいの方はフェリー又は高速艇でお越しください。
        小豆島到着後は港
から小豆島オリーブ公園まで車をご用意いたします
      (
フェリーの時間については参加決定者に個別に相談させていただきます。)

 

 

◆留意事項<あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます>

1. 応募締切後、エキストラとしてご参加をお願いする場合は、折り返し集合場所等について
 E-mailにてご連絡いたします。

2. 応募者多数の場合は、丸一日ご参加いただける方を優先して参加人数を調整させて
 いただきます。

3. 撮影の進行状況により、終了時間が遅くなる場合がございます。

4. 撮影中止や時間変更を余儀なくされる場合や、長時間の撮影、待ち時間で
 ご辛抱いただく場合もございます。何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

 

◆応募方法・締切

応募者全員の 氏名・性別・年齢・連絡先(携帯番号)を記載のうえ、下記までE-mailにてご応募ください。

 

宛先   ㈱平成プロジェクト「海賊」エキストラ係  E-mail: info@heisei.pro

 

応募締切 824日(金)朝10時迄

 

 

◆映画の概要

【作品名】 瀬戸内海賊物語  【監督】  大森研一

【主なキャスト】内藤剛志、小泉孝太郎、中村玉緒、石田えり、六平直政、阿藤快、
石倉三郎、
馬渕英俚可、早織、柴田杏花(子役)、大前喬一(子役)、ほか

 

【ロケ予定地】 土庄町、小豆島町、直島町、今治市など

 

【ストーリー】女ガキ大将の村上楓は、自宅の蔵で古い地図を発見。それは、1500年代、瀬戸内海を拠点に一大勢力を築き上げた海賊、村上水軍の隠した埋蔵金の地図だった!一方、老朽化のため本土と島をつなぐフェリーがなくなる。賛成派と反対派で島の住民の心がバラバラに‥‥。フェリーを、島を救う!楓は、友達を集め宝探しに挑む。かつて瀬戸内に実在した海賊とその子孫のこども達が織り成す壮大な冒険物語。

 

 

【お問合せ先】

 

「瀬戸内海賊物語」製作委員会 担当:五十嵐  TEL: 03-3261-3970(平日10時~18時)

 

102-0092 千代田区隼町3-19清水ビル5F ㈱平成プロジェクト内
           E-mail: info@heisei.pro

 

 

 

006

 

 

|

2011年9月13日 (火)

かごめ弁当

02

昨夜は6年ぶり、満月の十五夜でしたねー。皆さん、お月見しましたか?

さて公式イベントの紹介が終了したので、、、ん?コレで終わりではありまぬー!

ココからはスタッフが発見した美味しいお店や、素敵な場所などなどドドーーンと紹介していきますよっ!

是非っ、第二回映画祭へ来る時の参考にして下さいねーー!

 

てな訳で…まずは上の写真。

二十四の瞳映画村オリジナル「かごめ弁当

 

映画祭での素敵な夜。ゴスペルナイトのスタッフ弁当です!

これが激うまっ!!!

ああ、スタッフになって良かった~~~~~(爆)

 

私は特に煮物がお気に入り♪

お弁当の煮物ってベターっと濃い味のものが多いでしょ?

かごめ弁当は料亭の味!ぜひぜひ♪

あ、でも普段は10名以上の予約制らしいのです。。。

映画村へは大勢で遊びに行って下さいね!

 

01

時間がなくて5分くらいで食べちゃったのが一番の心残り。。。

今度はゆっくり海を眺めながら食べたいです! ←受付で食べたもので(^^;;;

 

04

 

|

エンジェルロード脚本賞 最終選考会

とうとう公式行事の紹介は本日で最後となります。

なんだか、あっと言う間ですね。。。

さてさて、クロージングの目玉!
エンジェルロード脚本賞最終選考会の模様を紹介していきましょー!

応募総数139作品の中から最終選考に残ったのは以下の3作品。

 

『僕の弟はこの島で生まれる』  山口 智

『風のゴセンボ』           古波津 陽、李 相美、川手 ふきの、守富 龍人

『笛の伝言-瀬戸内海賊物語』 大森 研一、湯原 弘康 

 

019

021   

 

 

 

 

 

 

023

熱の入った最終プレゼンが始まりました!

3作品ともかなりの力作で選考委員の方々も最後の最後までかなり悩まれたそう。

034

左から 三枝照夫/特定非営利活動法人 瀬戸内国際エンターテイメント協会理事

     原 真志/香川大学大学院 地域マネージメント研究科教授

     深澤 宏/松竹株式会社 映像企画部 映画企画室長

     金子修介/映画監督

 

別室での協議の結果。

グランプリは大森研一さん、湯原弘康さんの『笛の伝言-瀬戸内海賊物語』に決定!

024

025

本当におめでとうございます!!!

 

瀬戸内から世界へ感動の映画を届けることを目的に実施されたエンジェルロード脚本賞。

聞くところによると3年後の第2回映画祭での上映に向け、すでに始動したらしいです!

楽しみーーーー!!!

 

情報が入ったらスグにお知らせしますねーー!!!

 

沢山の方々の拍手と笑顔とともに瀬戸内国際こども映画祭2011は無事に幕を閉じことができました。
ご来場頂いた皆様、そしてボランティアの方々、本当にありがとうございました!

026_2 

011

 

 

<最終日のスタッフたち>

05

最後の物販に力が入ります!

準備はもうお手の物?初日に比べるとかなり早くなりました(^^)v

 

お世話になった方々と記念撮影♪

04

01

012

小豆島・高松・直島の3会場で開催した映画祭。最終日は色々な方面からお客様がいらっしゃいました。受付は普段の3倍?5倍?の大きさだったかも。

スタッフの皆さん!10日間、お疲れ様でした!

そしてありがとうございました!!!

 

<ちょっとおまけ>  

031

最終日のエンジェルロードです~

早起きして東京から来たスタッフと見に行きました!

起きたままの姿に深ーーーーく、深ーーーーーく、帽子をかぶり(爆)

朝日が眩しかった~~~(^^)

030_2 

 

 

|

2011年9月11日 (日)

キッチンカー チキンラーメン号

44_2 

45_2 

さてクロージング会場の外、オリーブ公園には日清食品さんのキッチンカー「チキンラーメン号」が応援に!

 

この給湯機能を持つキッチンカー。

このたびの震災だけでなく震度5以上の地震が起こった地域にはスグに駆けつけるそうです。
小豆島には初上陸だとか。

東北こども応援プロジェクトや映画祭に賛同して頂き感謝でいっぱいです。

 

来場した子供達も大喜び!

12

13

14_2 

「こっち見て~~」ってお願いしてもラーメンに夢中で誰も聞いてくれません(爆)

でも…それもまた嬉しいや(^^)

ありがとうございました!!!

17

110

 

<本日のスタッフたち>

15

うふ。キャンペーンガールでーす♪

一応、ガールって言っておこう。。。(爆)

ジュースのプレゼント!こちらもまた皆さんに喜んで頂いたそう。

ありがとうございました!!!

|

2011年9月10日 (土)

子育ち応援島宣言ミニシンポジウム

07

さて映画祭期間中、食事に行った美味しいお店や地元の方に案内して頂いた素敵な場所等々、紹介したいところは沢山あるのですが…まずは公式行事を。

と、言ってもほぼ紹介してしまったので残るはクロージングの模様だけとなりました。

クロージング会場は小豆島サン・オリーブのオリーブホール。

エンジェルロード脚本賞の発表の前に「子育ち応援島宣言ミニシンポジウム」が開催されました。

この「子育ち」と言う言葉。

大人や地域が育てるという「子育て」とちがって、子供自身が自らの力で成長する。その力を持つという意味を持ちます。

そのきっかけを大人や地域が作ろうというもの。

015

パネリストは左から塩田幸雄小豆島町長・慈氏佳代子さん・立道雅章さん・伊波健一さん・武部恵美さん・西山恵司さん。

司会はFM香川のパーソナリティ 市川智子さん(右)

パネリストの方々が各々の「子育ち」についての取り組みを話し始めると会場の皆さんも真剣な様子で聞き入られていました。

018

016

 

でも子供たちには、ちょっと退屈だったかな(笑)

 

017

最後はパネリストの方々の応援宣言が発表され終了しました。

このシンポジウムが何かのキッカケになれば嬉しいですね。

|

2011年9月 2日 (金)

おまえ うまそうだな舞台挨拶

13

四国の皆さん、台風の方、大丈夫ですか?

期間中、ほぼ毎日、使っていた高松のフェリー乗り場が冠水しているニュースを見て驚いています。

どうか、どうかお気をつけ下さい!

 

さて今日は正確な集計はまだ出ていませんが、多分、一番観客動員数が多かった「おまえうまそうだな」の舞台挨拶の模様を紹介します!

「おまえうまそうだな」は150万部を突破した大人気絵本が映画化されたもの。私が取材に行ったのは高松e-とぴあ・かがわBBスクエアでの上映会。

BBスクエアは映像がキレイだとスタッフ間で話題になっていたんですよ!

16

予定していた座席では足りなくて急遽、座席が追加されていました。

総合プロデューサーの益田さんやスタッフの「こんにちはー!」に元気に挨拶を返す子供達。

14

12

119_2

映画が始まる前のこういう時間って楽しいですね。

笑顔、笑顔で上映スタート!

そして上映後は、心温まる感動作に目を真っ赤にして出てくるお母さん達が多かったです。

更に子供達にはもう一つのお楽しみが待っています!

18_2

110

協賛の四国コカ・コーラーボトリング株式会社さん・不二家さんからのプレゼント!

出口に並んでいるジュースやミルキーに目を輝かせる子供達。

111

114

112

113

どのジュースにするか、皆、真剣(^^)

かわいい姿にスタッフも嬉しくなる瞬間でーす。

17

|

2011年8月30日 (火)

チェブラーシカ舞台挨拶

115

くぅーーーーーーーかわゆい。

これは実際、撮影に使われたチャブラーシカ。

今回どの会場でも大人気だった『チェブラーシカ』の舞台挨拶の模様を紹介しましょー!

 

12

チェブラーシカ総合プロデューサーの藤原さんが大きなチェブラーしかと一緒に登壇すると子供達はもう釘付け!

15

16

こういう場ってなかなかありませんよね。

藤原さんの楽しいお話に子供達も夢中。

笑顔が溢れかえっていました!

 

そして嬉しいのは上映終了後にチャブラーシカと一緒に記念撮影させてもらえたのです!

120_2 

114

113_2

123

122

そして、そして…更に嬉しいことが!

来場者全員にチェブラーシカノートがプレゼント!

協賛の四国コカ・コーラーボトリング株式会社さんと不二家さんからのプレゼントとともに渡された子供達の嬉しそうな顔といったら(^^)

124_3

118

125

温かいご配慮に感激です。本当にありがとうございました!!!

 

 

<本日のスタッフ達>

スタッフからも大人気~♪

19

110

|

ゴスペルナイト

03_2

21日18時45分から二十四の瞳映画村でゴスペルナイトが開催されました!

025

夕暮れ時からキャンドルが灯され陽が完全に落ちると、それはそれは幻想的な雰囲気に。

026

024

そんな中、総勢200名以上で奏でるゴスペル!

もうね、ホント素晴らしかったです!

017 

010_2

018

 

最初、緊張?していた客席もいつしかノリノリ♪

 

012_3

015_2

027

019_2

客席、舞台が一体となって大いに盛り上がりました!

合間、合間に聞こえる波の音がまたいいんだ~~~

忘れられない時間となりました!

022

 

 

<本日のスタッフ達>

029

もはやこのポーズはスタッフポーズと呼んでいいのでは???

あ、皆さん、わかってますよね???

シンボルマークを真似してるんですぅ~~~

|

マッケンジー・ソープさんワークショップ(直島)

03

さて映画祭期間中、上映会と平行して様々なイベントが催されていました!

その中のひとつ、マッケンジー・ソープさんのワークショッップ(直島)を今日はご紹介しましょうー!

21日 直島町総合福祉センターにて開催されたワークショップ。

お題に真剣に取り組む子供達の様子がとても印象的でした!

04_2

010

08

そんな子供達を前にマッケンジーさんも熱が入ります。

忙しい中、時間を延長して沢山の事を教えて頂きました!

013_5

話しを聞いていて驚いたのは太陽を赤く書くのは日本の子供達だけのようです。
他の国では黄色の太陽が主流のよう。国旗の影響なのかな?

014

ここから将来すばらしいアーティストが生まれるかも!

キラキラ笑顔いっぱいのワークショップでした!!!

015

 

そしてマッケンジーさんからサプライズプレゼントとして8月20日から26日まで「海の駅なおしま」で開催されていたマッケンジーさんの個展に子供達の作品が一緒に展示される事になったのです!

016

019

いい記念になったねーーー(^^)

|

エンジェルロード脚本賞2011決定!

01

エンジェルロード脚本賞2011は大森研一さんと湯原弘康さんの『笛の伝説-瀬戸内海賊物語-』に決定しました!

『二十四の瞳』に次ぐ瀬戸内を舞台に世界へ感動を届ける映画を作ろう!を目的に実施されたエンジェルロード脚本賞。3年後、第二回映画祭でグランプリ作品が上映されます!もう今からワクワク!
大森さん、湯原さん頑張って下さい!本当におめでとうございます!

(写真は選考委員の金子修介監督をはさみ左、湯原弘康さん、右、大森研一さん)

クロージングでの受賞模様は後日詳しくアップさせて頂きます。

 

途中でもご報告しましたが結局最終日までネットがつながらず…更新を楽しみにして頂いた方々には本当に申し訳ありません。

後日談になりますが映画祭の模様はこれから猛ダッシュでアップします!

 

まずは2011年8月28日瀬戸内国際こども映画祭2011が無事に閉幕した事をご報告致します。
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました!

02

|

«玉藻公園野外上映会